キチンとした肌ケアをやらないと翌日のメイクに影響が出るように

あたしは美容関係では、とりわけ肌メンテに注意しています。

自分は二十四歳の女性なのですが、やっぱり21、22歳くらいから、キチンとした肌ケアをやらないと翌日のメイクに影響が出るようになりました。

加えて私は便秘がちなので、お肌が荒れやすい体質です。

それで、美肌になるべく2つの事を気をつけて頑張ってみたら、大学時代よりも肌荒れしなくなったのです。

先ずは、「水分補給」を意識的にするってこと。

自分はそれまで摂取する水分量が少なかったのもあるのか、便通が良くありませんでした。

だから、マメにお水などを飲んだり、カフェイン量に気を配り、ノンカフェイン飲料にすることでお通じ改善に努めました。

2つ目は夜の肌ケアを必ず行うことです。

わたしはデリケートスキンで、色々なローションやクリーム等でトライしましたが、たいして良くなかったり、相性が悪かったりと悩んでいました。

スマホで「ニベア」&「ハトムギ化粧水」の合わせ技が効果的で、低費用で美肌作りができると知りました。

肌タイプを問わず試しがいのある組み合わせって書いてあったので、即座に実行してみました。

毎夜、バスタイム後にハトムギエキス配合の化粧水をつけて、それからニベアをつけるだけっていうすごく単純なお手入れですが結果はバッチリでした。

もう7、8カ月実施していますが、毎日お肌の調子が良くなりました。

適度な「水分補給」で健康の維持をはかり、日々の適切なお肌のお手入れがやはり大事なことだと思います。

明白な事なのですが、早寝早起きがけっこうばかになりません。

子供が生まれてからの生活は、生活がこども中心なので自身の事は後回しでした。

歳を取ったような感じがして、落ち込んだ時期もあったのですが、だんだん子供が成長してくると、自分の生活ペースもつかめてきました。

子どもの離乳食が始まったこともあり、近頃は夜ご飯は17時頃食べて、夜の七時には子供を寝かしています。

その後からは自分の時間になるし、早い時間に食事を済ませる事ができるので、痩せられます。

やる事が終わったら、とっとと寝ます。

夜中に起こされることもありますし、睡眠時間が足りない場合肌に現れてしまうのです。

朝は、子どもより少し早く起き、旦那さんの弁当と、夕ご飯を作ってしまうのです。

これにはすごくいい点があるのです。

それは夕方の時間に余裕ができるし、食料品売り場で余計なものを買うような事がありません。

こちらもダイエットに繋がりますよ。

夜22時から翌日の2時までが『肌のゴールデンタイム』だって知っていますよね?代謝が活発に行われて就寝中にダメージを負った肌が再生されると言われる時間のことですが、実のところ肌のゴールデンタイムは自分が寝付いた時間によって違ってくるのです!眠りに落ちてすぐの3時間に、脳下垂体前葉から成長ホルモンが多く分泌されるので、この3時間で深く良質な睡眠を得ることがお肌にとってすごく大切なことです。

さらにこの成長ホルモンは、成長期に身長を伸ばし体組織の修復や再生がされるだけでなく、代謝をすすめて美肌の維持やシミ、シワを防止する役目もあるんです。

自分が質の高い深い眠りをするために意識していることは2つ、「寝る1時間前にはテレビやスマホを見るのをやめる」、「毎朝同じ時間に起床する」ことです。

会社が休みの日には前日夜更かしをして朝起きるのも遅くなりそうですが、仕事の日より何時間も多く寝てしまうと生活のリズムが乱れて夜になっても眠れなくなってしまいます。

だからあたしは朝は決めた時間に起床して、夜は同じ時間に眠るように気をつけています。